光ディスクの種類 その4

  • 2019.11.27 Wednesday
  • 19:29

JUGEMテーマ:ITメモ

皆様ご無沙汰してしまいました。1ヶ月半?サボりすぎですね。

今日のテーマはDVD-ROMです。DVDで、読出し専用のデータディスクということになります。

物理的な構造はDVD一般とだいたい同じものでして、約0.6ミリのプラスティック板で記録体(薄い金属の膜です)を挟んだ構造になっています。この記録体が1枚で約4.7GB、光源に近い方の膜を半透明にすることにより2層にしたもので8.5GBの容量を誇ります。

こんな↓ロゴマークが使われています。

DVD一般に言えることなのですが、実は規格を定めたルールブックには両面使ったディスクというのもルール上は存在します。しかしラベル面印刷ができないことや、ユーザーが手動で裏返さなければならないという利便性の悪さから両面タイプはほとんど生産されていません。

弊社にご依頼いただくのもDVDグループが一番割合としては多いです。それだけ普及しているメディアだからということもありますが、プラスティック板のサンドイッチ状態という物理的構造の問題もあります。2枚のプラスティック板の間に異物が入り込んだり、それを栄養源としてカビが蔓延ったりしているからです。

中心の穴の部分が主にそういう状態になりやすいので、扱いには慎重を期して下さい。そういうプラスティック板の間に入り込んだものによって記録体が侵食されてしまっていたら、正直研磨ではどうしようもありません。

 

あとは思い出話なんですが、Windowsは確かVistaからDVD-ROMで販売されるようになったと記憶しています。

XPがCD-ROM1枚でした。VistaはDVDが2枚、32ビット版と64ビット版が入っていまして、OSも巨大になったなと思ったものです。

OSが大きくなるのは決して好ましいことではないんですけどね…。

DVDというのは、前回の記事にも書きましたが元々は「VHSと同等の映像を光ディスクで」をコンセプトに映像を収める媒体として開発されました。ですので始めはDVDはDegital Video Discの事だとされていました。

しかしその容量の大きさが買われて、データディスクなど様々な製品が開発されるに至りました。そこでDigital Versatile Discの事だと改められました。Versatileというのは「いろいろな能力を持つ」とか「いろいろな用途のある」というような意味になります。

 

次回はDVD-Audioについて述べてみようと思います。

またお付合いいただきますよう、お願い申し上げます。

スポンサーサイト

  • 2019.11.27 Wednesday
  • 19:29
  • 0
    • -
    • -
    • -
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    カンパニーサイト

    店へはこちらからお越し下さい。

    アットアイデア
    ↑クリック!

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM