光ディスクFAQ 1

  • 2020.01.27 Monday
  • 21:02

JUGEMテーマ:ITメモ

皆様こんにちは。

ご覧いただいた方もいらっしゃると願いたいのですが、

弊社モットーがラテン語で綴られていることにちなみ、

YouTubeでラテン語講座を行っております

私自身一介の初学者に過ぎませんので大変ですが

私自身の勉強にもなり楽しくやっております。

が、その分ブログがおろそかになっていますので

これは反省するべきでしょうね。

 

今回は光ディスクの種類番外編として、

そろそろ見えてきた一般の方の持たれている疑問に対して

FAQという形でお答えしようと思います。

よろしくお願いいたします。

 

Q1.

DVDとBlu-Rayってどう違うの?

 

もっとも頻繁にいただく疑問がこれです。

違う点は多々あるのですが、

まずなによりも記録できる容量が違います。

たとえば映像ディスクとして作られた場合、

同じ横16:縦9のワイド画面に見えても、

Blu-Rayは細かいところまでくっきり写るのに対し

DVDはテレビに近づいて見ると粗が見えます。

DVDは「VHSと同等の映像を光ディスクに」を

基本コンセプトに開発されたのに対し、

Blu-Rayは「ハイビジョン映像を光ディスクで」を

コンセプトに開発されました。

データ記録メディアとしても

DVDは4.7GB〜8GB程度の容量であるのに対し、

Blu-Rayは25GB〜という形で

かなり明確に違いがあります。

DVDと比べるとBlu-Rayは密度が高く、

そのため傷に弱いという欠点があります。

アナログレコードに極限まで音楽を詰め込んだ結果

溝が浅くて密集しているため

針跳びなどの再生不良が起こりやすくなった、

というようなことだとお考え下さい。

 

もうひとつ大きな違いがDVDとBlu-Rayの間にはあります。

DVDの規格を作った団体は規格を開放したのに対し、

Blu-Rayは手放しておらず、

メディアもプレイヤーも利用権料を払わなければいけない、

という点です。

そのためBlu-Rayは一定期間ごとに利用料を徴収しています。

HDD・Blu-Rayレコーダーですと

TVチューナーが載っていますので

その電波に乗せて更新プログラムを送っているため

利用料を払っている自覚はありませんが

きっちり取られています。

単体のプレーヤー専用機ですと

自分で更新の手間を負担することになりますので

はっきりと自覚できる形で支払っていることになります。

記録できるディスクを電気屋さんで買うときにも、

DVDと比べるとBlu-Rayが明らかに高いのは

この利用権料が上乗せされているためです。

 

利用権料を払わなければならないのは

レコーダーやプレイヤーだけではありません。

パソコン用のプレイヤーソフトも同様です。

ですのではっきり申し上げますが、

PC上でBlu-Rayを再生できるフリーソフトはありません。

実際には出回っているのは弊社でも把握しておりますが

何らか脱法・違法なことを行っているとしか

考えようがありません。

そのようなフリーソフトをインストールしたら

裏でどんな悪事を働くかわかったものではありません。

インストールはしないことを強くお勧め致します。

 

かいつまんだつもりだったのですが結構長くなってしまいました。

これもシリーズ化してと言うことで

今日はここまでとさせていただきます。

ありがとうございました。

スポンサーサイト

  • 2020.08.08 Saturday
  • 21:02
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    カンパニーサイト

    店へはこちらからお越し下さい。

    アットアイデア
    ↑クリック!

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM